私たちは、人工知能に対するよりスマートでより人間的なアプローチを開発しています

Ipviveは、世界を相互に相互接続されたマイクロシステムとマクロシステムで構成されるグローバルで複雑な適応システムと見なしています。 私たちはグローバルシティズン(地球市民)であり、世界、地域、そしてローカルの社会的影響に基づいて目標を定義します。 とりわけ、単なる経済的価値以上のものを創り出すことを目指しています。私たちは個人、コミュニティ、そして世界のために、持続可能で、信頼でき、相互に利益をもたらす透明な関係性を築きたいと考えています。

我々の価値

私たちは関係性をシステムと見ます。 すべての関係者が恩恵を受けるときにのみ機能します。 誰もが投資する理由がある場合にのみ安定します。 そのため私たちは常にパートナー、協力者、ステークホルダーに価値を提供するよう努めています。 私たちは人間関係に調和とバランスを求めます。 それが私たちの組織と技術の中核の柱です

また、私たちは相乗効果も信じています。 システムは、その部分の合計以上のものであると考えています。 コラボレーションは、成長戦略の重要な要素です。なぜなら、貢献と共存を共有することの指数的価値を信じているからです。 私たちは自分たちが成功したいのと同じくらいパートナーが成功することを望んでいます。そしてこれは相互利益に対する揺るぎない信念に戻ります。ー全員が結果を共有する関係を構築しようとしています。

関係資本の創出に焦点を当てた会社として、信頼の重要性を理解しています。 透明性は信頼と説明責任を構築すると考えています。 そのため、データポリシーから価値提案に至るまで、私たちが何をするかについて透明性を保っています。

透明性は、関係するすべての人にとってバランスが取れ、相互に有益な、より信頼できる関係をもたらすと考えています。

私たちのグローバルな目標は、技術が人間のニーズに応える世界を構築し、感情的および文化的資本で富が測定される社会を可能にすることです。

アジアに関連する地域の目標には、信頼を構築するための3つのアプローチが含まれます。

  • 日本:中小企業の後継危機。 人口の減少、高齢化。 そして、都市、郊外、および農村の家族の富の格差に対処したいと考えています。
  • 韓国:若者の高い失業率と首都と他の地域との富の格差に対処したいと考えています。
  • インドネシア:私たちの社会戦略は、新興中流階級の市場と、インドネシアの多様な人口間の文化的および富の格差に対処することです。

 

私たちは、オープンマインドで多様な思想家のチームです。 私たちのチームと技術は、前向きな逸脱でこそ成長します。 私たちは チームメンバー、パートナー、およびステークホルダーが異なる考え方をすることを願っています。それが私たちを前進させ、創造と革新を促してくれるからです。

データを保護するだけではありません。 アクセス、使用、価値を引き出すなど、完全な所有権をユーザーに付与する必要があります。 これは、インフォームドコンセントによるオプトインが始まりにすぎないことを意味します。 ユーザーに選択肢と制御を提供します。 最終的に、魅力ではなく、共有された価値に基づいて関係を構築しているからです。

チーム

Greg Tsutaoka

Co-founder & CEO

Tiara Womack

Co-founder & Vice President

Vince Corvo

Head of Technology

Nathaniel Thurston

Inventor

Andrew Yarmola

Inventor

Tom Crawford

Inventor

Kimberly Fong

Policy & Product Development

杉原万里子

Product Development

Board and Advisors

Robert Meyerhoff

Math and Technology Advisor

David Gabai

Math and Technology Advisor

Scott Oki

Advisor

Murali Chirala

Board Member

Phil Cardman

Advisor

Khaled Saffouri

Advisor

Robert Eberhart

Advisor

Dave Gent

Advisor

Dana Carney

Advisor

Industry Awards